LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
SEARCH BOX

松本夏樹氏の見解
by 日詰明男
友人の松本夏樹氏の見解を、氏の許可の下に転載します。

以下引用。
=========================
日本の原発政策は、朝鮮戦争に原因があります。北朝鮮軍に釜山まで追い詰められた時、マッカーサーは北京に原爆投下をとトルーマンに進言しましたが、大統領はソ連の反撃を恐れて却下、元帥は罷免されました。しかし休戦後、ソ連と中国と北朝鮮への核抑止力として日本に潜在的核保有の力を持たせるようにと、軍の強い要請があり、英雄マッカーサーを罷免した以上、大統領は軍と軍事産業に妥協する必要がありました。当時はまだ大陸間弾道弾が無くB29しか核搭載の方法が無かったので、日本の基地からしか共産圏を攻撃できなかったからです。表の政策では吉田茂の、失業軍人吸収の警察予備隊から自衛隊、裏の政策はアメリカ認可の核制御技術とプルトニウム製造です。そこで50-60年代など大した電力消費がないにも拘わらす、自国で賄える石炭産業を弾圧して石油輸入に転換、そしていよいよ原発や原子力船むつなどの開発政策を進め、燃料ウラン235からプルトニウムを生産する事でアメリカの意に添ったのです。旗振り役は内務省特高上がりで、戦争協力者パージが解けて読売新聞に招かれた正力松太郎で、力道山人気で民放テレビを(家電推進と国民総白痴化)、そして原発で文字通り明るい日本を推進しました。メディアは高度成長期で電力消費が伸びて、資源の無い日本には原発が必要、さらに炭素を出さない原子力はエコだから高い濃縮ウランより廃物利用のプルサーマルをとの論調で一致していますが、広島のウラン型と長崎のプルトニウム型で人体実験したアメリカが許し、冷戦下で推進しなければ、日本のウラン濃縮やプルサーマル原発建造など出来るわけがありません。3号機はMOX燃料です。
11日以後の、特に読売、産経系のテレビに出演した東大、東工大系の原子力関係の専門家はとにかく安全だとのみ発言、ひどいのは1号機爆発の際、あれは意図的に爆破弁で圧力を下げたので大丈夫だとか、病院から避難した患者が被曝していたと報じられると、あれは病院のエックス線管理の杜撰さであるかも知れないと発言していた事です。なぜ東大、東工大系の学者はこうも浅ましいのでしょうか?
数学者なら紙と鉛筆があれば研究出来ますが、原子力研究には実験機器にも何億とかかります。東電と国の金が無ければ先生達は研究室も地位も保てず、教え子を東電と経産省に送り込んで産学官派閥を作る事も出来ません。新聞も民放も電力会社と国に睨まれたら広告料が減るだけではすみません。東工大出身の管総理を事故の重大性を隠して福島原発視察に行かせたのも、また家庭用交流電力の僅かな不足に、直流モーターである電車を大した効果も無いのに運休させて、首都圏機能を人質にして電力不足の不安を煽って原発政策を維持させようとするのも、全てアメリカの黙認を背景とした官僚と東電の仕業です。明治政府はドイツ・アルゲマイネ社の毎秒50回転の発電タービンと、アメリカ・GE社の毎秒60回転の発電タービンの猛烈な売り込み合戦と賄賂に負けて東日本は50ヘルツ、西日本は60ヘルツにしてしまいました。近代化の過程で国家の中に共有出来ない電力配置を有するのは日本だけです。戦後インフラが破壊され、困難ではあってもヘルツを統
一できる唯一の可能性がありましたが、GHQは敢えてそうしませんでした。
救助を名目に太平洋艦隊の空母ロナルド・レーガンが福島沖10キロに急遽派遣されましたが、大型ヘリコプターではなく戦闘機搭載したままでやって来て、微量放射能を測定した直後に沖80キロまで後退しました。米軍にとっての問題は気化したセシウムやヨウ素ではなく、中性子線とプルトニウムの観測です。昭和20年8月の進駐軍の被爆者調査と同じです。
東電の我が身可愛さのみのいじましい事故報告から陸上・海上自衛隊幕僚長の記者会見に変わりましたので、事故対処が軍事行動になったという事です。万が一炉心溶融~臨界から中性子線放射とプルトニウム飛散となったら軍は直ちに防衛ラインを80キロ後退させて人もモノも出入り禁止とします。そのために陸上自衛隊特殊武器処理部隊(核兵器部隊)と戦車を派遣しています。軟弱な政治家などには不可能な、極めて有能な軍事官僚の実践的挙国一致行動なので、命がけの救命活動に反論できる日本人はいません。いれば非国民です。
やはりメルトダウンしていたので、チェルノブイリ式石棺化、80キロの広域汚染地帯設置、そして東電国有化という流れなんでしょうね。誰も嫌と言えない国家総動員法的な、欲しがりません勝つまでは、がんばれ日本が不愉快です。鶴見俊輔だけが、日本の脱キリスト教近代化と西南戦争から軍部暴走を経て、二つの原爆と戦後保守政権の延長上にフクシマを検証せよと論じていました。後は、美しい日本の私ガンバレ的センティメントか、例によって東のネット草の根ポピュリズム待望論だけです。

=========================
以上引用。



|| 15:13 | comments (x) | trackback (x) | ||


CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2022 - 11  >>
ARCHIVES
OTHERS
    処理時間 0.02082秒
RECOMMEND ITEM

POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット