LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
SEARCH BOX

八十八夜を前に
by 日詰明男
もうすぐ八十八夜である。

4月29日、ここのところの寒さで、ヤブキタの新芽はいまいち遅いが、在来種はかなり勢いが出てきた。
30分ほどかけて摘み、一晩萎凋させた。
翌朝は萎凋した茶葉の良い香りで目が覚めた。
昼前に揉捻し、発酵(酸化)過程に入る。
その日は寒々した雨。茶葉はさほど赤くならず。
翌5月1日、部屋中が紅茶の香りで満たされた。
火を入れないままのしっとりした生紅茶に熱い湯を注いで飲んだ。
毎年恒例「一番紅茶の刺身」である。
苦味はまったくなく、ほのかな甘みと酸味がある。
香りはオリーブオイルのエクストラヴァージンに似ている。
サリチル酸メチルの清涼感も喉に残った。
無農薬無肥料不耕起茶園の茶である。
これでいいのではないだろうか。
この茶葉に餌を与えると、これまたおいしいお酒が出来てしまうのである。

ああ、すごい利尿作用。
トイレに行きたくなってきた。




|| 11:53 | comments (x) | trackback (x) | ||


CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2017 - 06  >>
ARCHIVES
OTHERS
    処理時間 0.097113秒
RECOMMEND ITEM

POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット