LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
SEARCH BOX

シジュウカラ
by 日詰明男
山暮らしの薪生活から出る木灰は、火鉢に入れたり、畑に撒いたり、山菜のあく抜きに使ったり、何かと活用しています。
それでも使いきれないほど出るので、近所の農家の方に時々差し上げています。とても喜んでくれて、代わりに採りたての野菜をいただくので花咲爺さんになった気分。
数年前、その農家の方が納屋を整理するということで、いらなくなった農具などをいくつかいただきました。
納屋の片隅に手作りの鳥の巣箱がころがっており、ついでにどうだと言います。
基本的にくれるというものは断らない方針なので、軽トラックの荷台にぽんと乗せて持ち帰りました。
鳥が入らなくとも、まあ庭の点景程度にあってもいいだろうという程度に思っていました。
うっちゃっておいても野暮なので、さっそく玄関脇の柿の木に適当に設置しました。

それから3年目になったでしょうか、この春、なんとこの朽ちかけた巣箱に小鳥が出入りしていることに気付きました。
まったく期待してなかったので、驚きもひとしおです。
姿と鳴き声から、シジュウカラであることがすぐに判明しました。

最初はメスがチャノキに寄生したとろろ昆布のような苔を、警戒しながらもせっせと巣箱に運び入れていました。
その周りに2、3羽のオスが柿の木の梢で警護しているかのように見え隠れしていました。

その後雨が続き、しばらく姿を見なかったので、雨漏りか何かで結局営巣をあきらめたのかなと思っていましたが、5月に入るとやはり依然シジュウカラが出入りしているのが見えました。
もう巣作りは完了したようで、つがいが確定したのか、二羽が入れ替わり立ち代り出入りしています。
一羽は寡黙にすばやく巣穴に出入りし、もう一羽は囀りながら徐々に巣箱に近づき、思い切ったように巣箱に入り、すぐに出ていきます。前者がメス、後者がオスでしょう。
オスは最初の頃、巣箱に入る前に逡巡して、ひょっこりはんのように首だけ見せてこちらの様子をうかがったものですが、最近はそれもなくなりました。

オスは常にメスへの贈り物としてさまざまな芋虫を咥えたまま、しきりに囀り、巣箱に持ち込みます。
数分に一度の頻度で。
まだ雛の声は聞こえないから、餌を与えているわけではないでしょう。
内視鏡がないので想像するしかありませんが。
メスも同じ頻度で出入りしていますが、餌を運んではいないようです。
まだ卵を温める段階でもないのでしょうが、何の用で外出しているのかわかりません。
自分のための食事かな?水飲み?
あのオスが運ぶ大量の芋虫はメスがすべて平らげているのでしょうか?
それともなんらかの方法で芋虫を備蓄しているのかな?芋虫の生け簀?

とにかくオスの献身はほんとうに健気で、頭が下がります。
  

|| 17:40 | comments (x) | trackback (x) | ||


CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2021 - 10  >>
ARCHIVES
OTHERS
    処理時間 0.045275秒
RECOMMEND ITEM

POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット