LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
SEARCH BOX

ベーシック・インカム
by 日詰明男
ベーシック・インカムについてはSTUDIO VOICE誌の特集「政治を考える」(2007)で知り、興味を持った。
近来稀にみる有望なアイデアだと思った。
以後、私は人が集まれば事あるごとにこれを話題に上げるよう努めている。

現職議員でこれを本気で実現しようとしているのは田中康夫だけのようだ。
2chでも話題になっている。
田中康夫「生活保護は働く意欲を削ぐ全く不可解な制度。だからベーシックインカムを速やかに導入しろ」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1265975163/

1980年代の西ドイツにおける「緑の党」の躍進のように、この国日本で面白いことが起こるかもしれない

その2chのスレッドに以下の投稿をしようとしたら、規制のとばっちりを受けて出来ず。
めんどくさいからブログに載せてしまおう。

=====

ベーシック・インカムの仕組みは子どもでも理解できる。
もしこれが実現すれば、永久機関だろうが、素数を生む関数だろうが、角の三等分だろうが、相対性理論を超える理論だろうが、自由に夢想しても誰も文句は言わない。
誰も読まない小説や漫画を描くもよし。
死ぬまで義務教育ならぬ任意教育。
社会全体が国立大学のようなもの。
人は誰でも生まれた時点で無条件にこの大学に入学するわけだ。
かくて引きこもりはそのまま立派な社会人に成る。
勝ち組サラリーマンは逆に何をしていいか途方に暮れるの図。
今まで一部のアカデミズムや特権市場が独占していた科学や芸術は万人に解放され、飛躍的な進歩を遂げるだろう。
アマチュア集団の底力は、たとえば天文学における彼らの貢献をみれば明白だろう。
これもひとつのベーシック・インカム効果。

物欲、食欲などを追求したい人は都会にとどまって存分に働けば良い。
1時間でも働けば、その時給はボーナスなのだから。
1日働けば欲しいフィギュアやゲームが買えるよ。
私は、ベーシック・インカムが実現するいなや、「平成の天邪鬼」ともいうべき「ひきこもり」たちこそ猛然と働き出すのではと予想している。
自殺者や鬱病も激減するに違いない。
問題の根は心理学というより政治レベルの話だと思う。

ベーシック・インカムが既に実現している地域や、自然界の生物は結構ある。
私はコスタリカやバリ島にナチュラルなベーシック・インカムを見た。

本来、自然界はベーシック・インカムであたりまえなのだろう。
ヒゲクジラはほとんど呼吸の感覚でプランクトンを摂取し、あそこまで巨大に成長しているという。
彼らは毎日、おしゃべりや教育、遊びに興じている。
いわば彼らはアコースティック・インターネットに耽る「地球」家の引きこもりである。

ところが人間社会は、まるで空気中の酸素が圧倒的に欠乏していると公共教育されてきたかのようだ。
子どもたちは、酸素のヴァーチャル争奪戦に必死になるしかない。
友達がその空気を吸う前に、自分が吸わねば窒息するぞと、学校で大人は子どもたちに教え込む。
これは教育という名の究極のコンプレックス商法ではないだろうか。
このマインド・コントロールにかかっている人ほど、ベーシック・インカムに抵抗を感じるようだ。

「なんで働かない人のために働く者が損をしなければならないのか」という反論をする人が必ずいるが、その人は自分も同額のベーシック・インカムを得られることを見落としている。

|| 23:15 | comments (x) | trackback (x) | ||


CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2020 - 09  >>
ARCHIVES
OTHERS
    処理時間 0.32177秒
RECOMMEND ITEM

POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット